コンフェッティバルーン,紙吹雪,演出,くす玉

Pocket

コンフェッティバルーンを知っていますか?
コンフェッティバルーンとは、丸い透明のジャンボバルーンにコンフェッティとよばれる紙吹雪(色紙)を入れたDIYバルーンのこと。まるで、風船で出来たくす玉のようなものなのです。
このコンフェッティバルーンは海外では定番な演出アイテムなのですが、今、日本の演出にもこのコンフェッティバルーンが注目されているのです。
今回はこのコンフェッティバルーンについて紹介します。

◆作り方
作り方はいたって簡単。用意するものは身近な材料でDIY出来ちゃうのです。
材料はシンプルに、大きめの透明バルーン(なければ小さくてもOK)、軽くて薄い色紙(紙吹雪になるもの)、紐、ヘリウムガス(または、空気入れ)を用意してください。
まず、紙吹雪から、薄紙を風船に入るくらいの大きさに切ります。100円ショップで手に入る包装紙やフラワーペーパーで作ればお手軽。風船に紙切れを入れ、少しずつ風船の口を広げて押し入れていきます。ヘリウムガス(なければ空気)を入れて、お気に入りの紐で結んだら完成。中の紙吹雪を変えれば色々な雰囲気になります。

◆ウエディングアイテム
コンフェッティバルーンは、持つだけで華やかになれるため、魔法のウエディングアイテムとして使われます。もちろん、ウエディングアイテムとしてだけでなく、様々なパーティーに応用出来ちゃいます。なんだかうっすら見える紙吹雪にときめいちゃうオシャレ感がたまらない演出効果満載です。

普通の風船にひと手間加えるだけで、こんなにPOPでおしゃれなデコレーションができちゃうなんて、素敵ですね!なんと、このコンフェッティバルーンは、割るとくす玉のようで、中からフラワーシャワーのような紙吹雪が出てきて、とってもかわいいのです。

いかがでしたか?是非、自分オリジナルのコンフェッティバルーンをDIYしてみて、華やかなパーティーを盛り上げてみませんか!?